ホワイトニング・審美歯科

ホワイトニング

白い歯は、ただ見た目がきれいなだけでなく、清潔感や健康なイメージをもたらします。日本ではモデルや芸能人がホワイトニングをしていることが多いのですが、アメリカではそうでない方もかなり多くの国民が歯を白くするための施術を受けています。歯を白くしたい方、もっと明るい口元にしたい方などは、ぜひ当クリニックへご相談ください。

オフィスホワイトニング(当クリニックで行うホワイトニング)

メリット
  • すべてスタッフが行うため、安心で手間がかからない
  • 短時間で効果が現れる
  • どれくらい白くするかを相談できる
  • ホワイトニングの直前にクリーニングを受けられる
デメリット
  • ご来院いただく必要がある
  • 後戻りしやすい(ホームホワイトニングと比べて)
  • 刺激が強く、知覚過敏になる可能性が高い(ホームホワイトニングと比べて)
  • 奥歯は光が当たらないため効果が出にくい

ホームホワイトニング(ご自宅で行っていただくホワイトニング)

メリット
  • 好きな時間に実施できる
  • 毎回通院する必要がない
  • 効果が長続きする
  • 刺激が少なく、知覚過敏になりにくい
デメリット
  • 自分で行う必要があり、手間がかかる
  • 効果が現れるまでの期間が長い
  • 途中でやめずに続ける必要がある
  • 色合いの調整が難しい

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングで一気に歯を白くした後に、ホームホワイトニングでさらに歯を白くしたり、白さを維持したりする方法です。かなり歯を白くした方や、色の後戻りの心配をせずにいつもきれいな歯でいたい方などにお勧めです。

詰め物・被せ物について

虫歯治療で金属の詰め物や被せ物(銀歯)を入れた場合、色が目立つだけでなく、金属アレルギーを引き起こす可能性がある、少しずつ隙間ができて虫歯が再発する可能性が高くなるといったデメリットがあります。また、金属イオンが溶け出して歯茎が黒ずんでしまうこともあります。

セラミック素材を使うことで、見た目は自然な白さに仕上がり、健康面でのリスクも抑えられます。
これから虫歯治療を受けられる方も、既に銀歯が入っていて気になる方も、当クリニックへご相談ください。

オールセラミック

セラミックのみを使用しており、金属アレルギーの心配がありません。また、自分の歯と同じような色や質感を再現できます。

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチック(レジン)を混合した素材で、少し柔らかい分、他の歯を傷めません。ただし、色合いはオールセラミックより劣ります。

ジルコニア

白くて非常に強度のある素材ジルコニアを土台にして、その周りにセラミックを焼き付けたものです。見た目も強度も最も優れています。

メタルボンド

金属の土台にセラミックを焼き付けたもので、金属を使っているため透明感がなくなり、金属アレルギーのリスクもあります。

AGC

ゴールドの土台にセラミックを焼き付けたものです。ゴールドは身体との相性が良く、適度に柔らかいためピッタリとはまるという特徴もあります。

ラミネートベニア

歯の表面を削り、セラミックの薄い板を貼り付けることで、色や形を整えることができます。前歯の見た目が気になる方にはお勧めの方法です。

ファイバーコア

歯の中の神経を取る治療を行う時は、中にコアと呼ばれるものを挿入します。その際も金属ではない素材を使うことで光が透過されて色合いが良くなり、金属アレルギーの心配もなくなります。

素材によって、それぞれ強度や見た目の特徴があり、費用も異なります。そのため、当クリニックでは患者さんとよく相談しながら、その方にとってどれが適しているのかを一緒に考えるようにしています。また、当然のことではありますが、素材によらずマイクロスコープを使って細かいところまで丁寧に処置を行います。

南与野のいわね歯科クリニックの基本情報

医院名 いわね歯科クリニック 
住所 〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀10丁目11−38
電話番号 048-753-9045
最寄り駅 JR埼京線 南与野駅 徒歩6分
根管治療専門サイト 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
Tel:048-753-9045