虫歯・歯周病・小児歯科

虫歯治療

マイクロスコープで細かいところまで丁寧な処置を

歯を削る際は、マイクロスコープを使うことで、虫歯の取り残しなく、かつ健康な歯を削り過ぎることなく治療を行うことができるようになります。また、細かいところまで丁寧に処置をすることで、被せ物や詰め物との隙間が小さくなり、虫歯の再発予防にも繋がります。

過去に虫歯治療をしたところも要注意

一度治療した歯は、どうしても詰め物や被せ物との間で虫歯が再発しやすくなってしまいます。特にこれまで他の医院で治療を受けられていた方は、ご本人が痛いと症状を訴えている歯だけでなく、銀歯が入っているところにも虫歯が発生していることが多々あります。

とは言え、ご自身で再発し始めの虫歯に気づくのは難しいため、定期的に検診を受けるようにしましょう。

虫歯の段階

虫歯はどれくらい進行しているかによって治療の仕方が変わります。もちろん早ければ早い程、歯を削る量は少なく、治療期間も短くて済みます。少しでも気になる症状がありましたら、できるだけお早目に受診するようにしましょう。

  • C1
    エナメル質が溶けて黒くなり、場合によっては冷たいものがしみるようになります。ただし、まだわかりやすい痛みはありません。歯を削り、白い素材を詰める治療を行います。
  • C2
    エナメル質の内側は、象牙質という柔らかい素材でできています。そのエナメル質まで虫歯が進み、痛みが出てきた状態です。歯を削り、詰め物を入れます。
  • C3
    歯の中を通っている神経まで虫歯が進んだ状態で、かなり強い痛みがあります。場合によっては神経を取り除く必要があり、その後、歯の中をきれいにして被せ物を入れます。
  • C4
    歯のほとんどが溶けてなくなり、根っこの中にも虫歯が進行している状態です。根管治療という歯の根っこの中をきれいにする治療が必要になります。

歯を残すために、できることを最後までやり抜きます

虫歯が進行していくと、歯の根っこを治療しなければならなくなります。歯の根っこの治療は通常の虫歯治療よりも難易度が高く、再発する可能性も高いため、抜くしかないと判断されることもあります。

しかし当クリニックでは患者さんが諦めない限り最後までできることを行いますので、歯を残したい方はご相談いただければと思います。

根管治療についての詳細はこちら>>

歯周病治療

まずは歯医者さんに行くことから

歯周病は、お口の中で繁殖した歯周病菌によって歯茎に炎症が起き、さらに進行すると歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
日本人は成人のおよそ8割が歯周病になっていると言われていますが、該当する方が全員歯周病ケアを受けているわけではありません。わかりやすい初期症状がないため気がついた時には既にかなり進行しているということも多々あります。

まずは「大人になったら歯周病ケアのために歯医者さんに通う」ということを始めるようにしましょう。

歯周病治療

歯周病の治療は、その進行度によって内容が異なります。まずは患者さん一人ひとりに合った歯磨きの方法をアドバイスし、スケーリングで歯石を取り除きます。
しかし、それでも改善が見られない場合には、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の深いところまでお掃除をして、さらに腫れた歯茎を切る、歯茎を切開して歯の根っこをお掃除する、溶けた骨を再生するための膜やゲルを挿入するといった治療が必要になってきます。

しかし、誰でも歯茎を切るような処置は受けたくないと思います。悪化する前にきちんと歯周病ケアをしていれば、痛みのない処置や歯磨き改善だけで済みますので、まずはお早めにご来院ください。

歯周病セルフチェック

  • 歯茎が腫れている。
  • 歯磨きをすると血が出る。
  • 固いものが食べられない。
  • 朝、口の中がネバネバしている。
  • 口の中で変な味がする。
  • 口臭が気になるようになった。
  • 歯が長くなったように感じる。
  • 食べ物が歯に挟まりやすくなった。
  • 歯が浮いている感じがする。

一つでも当てはまる方は、一度、歯周病検査を受けるようにしましょう。

小児歯科

少しずつ慣れてもらうようにしています

小さいお子さんは、どうしても歯医者さんを怖がってしまうことがあります。その時、無理に治療をすると歯医者さん嫌いになって、今後もずっと適切な治療を受けられなくなってしまいます。そのため、当クリニックでは押さえつけて治療するようなことはせず、器具に触ってもらうことを繰り返しながら少しずつ慣れてもらうようにしています。

小さい頃に歯医者さんは怖いところではないということがわかると、予防を続けたり、何かあった時にすぐに治療を受けたりすることができるようになり、健康な歯を守ることに繋がります。

お母さん・お父さんにも治療の様子を見ていただきます

自分の子供がどのような治療を受けているのか不安な親御さんもいらっしゃるかと思いますので、当クリニックではお母さん・お父さんも治療室に一緒に入り、治療の様子を見ていただくようにしています。また、お子さんのお口の中がどのような状態になっているのかを知ることで、今後のケアに活かしていただければと考えています。

親知らずの抜歯

親知らずは、斜めに生えてきたり横向きに埋まっていたりすると、痛み、歯並びの悪化、腫れなどを引き起こすことがあります。親知らずが生えてきた方や、痛みなどの症状が出てきた方は、早めにお越しください。なお、当クリニックは歯科用CTを導入しており、立体的な画像によってより正確な診断が行えるようになっています。

歯の再植・移植

どこかにぶつけて歯が抜けてしまった時は、歯を元の位置に戻せる可能性があります。歯の根っこを保存しておくことが重要ですので、抜けた歯は絶対に洗わないでください。また、乾かさないでください。
「歯の保存液(薬局や学校の保健室にあります)」「牛乳」「口の中の唾液」のいずれかに浸した状態で、早急にご来院いただきますようお願いします。
また、親知らずを、歯が抜けてしまったところに移植することができる場合もあります。

これらの治療は必ず上手くいくというわけではありませんが、可能な限りの処置を行いますので、ご希望の方は当クリニックへご相談ください。

南与野のいわね歯科クリニックの基本情報

医院名 いわね歯科クリニック 
住所 〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀10丁目11−38
電話番号 048-753-9045
最寄り駅 JR埼京線 南与野駅 徒歩6分
根管治療専門サイト 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
Tel:048-753-9045