歯が抜けてしまった場合

歯が抜けてしまった方へ

本来は、歯を失うことがないよう虫歯や歯周病を早めに治療するのが望ましいのですが、もしそうなってしまった場合は、できるだけ歯の機能を取り戻すために次の治療を早めに受けることが重要です。歯を失ってしまった際の治療法としては、「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」の3つがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

残っている歯への影響、見た目、使い心地、全身の健康状態、そして経済面と様々なことを考慮して決めていく必要がありますので、当クリニックでは患者さんとよく話をして納得いただける方法をお選びいただくようにしています。

入れ歯

入れ歯にもいろいろな種類があり、中にはとても丈夫であまり目立たないものもあります。ただし作り物ですので、どんなに良いものでも一生涯使えるというわけではありません。
これまでに他の歯科医院で高級なものを作ったという方も、作り替えが必要なことはあります。

合わない入れ歯を無理に使い続けていると残っている他の歯にまで悪影響が出てくることがありますので、早めにご相談にいらしてください。
もちろん、作り替えなくても、修理や調整だけで現在の入れ歯を引き続きご利用いただけることもございます。

入れ歯のメリットとデメリット

メリット
  • 治療期間が短くい
  • 残っている歯を削る量が少ない
  • 保険が適用できるものもある
デメリット
  • 他の方法よりは違和感がある
  • 強い力で噛めない
  • 見た目が気になりやすい

入れ歯の種類

レジン床の入れ歯

土台部分がレジン(プラスチック)で作られている入れ歯で、保険診療で製作することができます。ただし、厚みがあるため違和感が出やすく、見た目も気になりやすいという特徴があります。

金属床デンチャー

金属を使うことで、薄く丈夫な入れ歯を作ることができます。装着感が良いのはもちろん、熱が伝わりやすいため飲食物の温度を感じられる、汚れがつきにくいといったメリットもあります。

シリコンデンチャー

お口の中に装着する土台部分が柔らかいシリコンでできており、装着感が良く痛みが出にくくなります。そのため、噛める強度も高くなります。

ノンクラスプデンチャー

通常の部分入れ歯には金属のバネが付いていますが、それがないためお口を開けても入れ歯を使っていることがほとんどわかりません。

マグネットデンチャー

入れ歯と残っている歯の根っこに磁石を埋め込み、その力で装着させます。取り外しがしやすく、目立ちません。

コーヌスクローネデンチャー

茶筒のように、金属の筒のようなものをはめ込むことで固定する入れ歯です。お口の中で安定させることができ、見た目も自然に仕上がります。

ブリッジ

ブリッジは、残っている歯を支えにして欠損した部分に人工の歯を取り付ける方法です。保険が適用できるものもありますが、残っている歯を大きく削らなければならないのが、最大のデメリットです。

ブリッジのメリットとデメリット

メリット
  • 保険が適用されるものもある
  • 治療期間が比較的短い
  • しっかりと噛めるようになる
デメリット
  • 残っている歯を削る必要がある
  • 支えにする歯に負担がかかり続ける
  • お手入れが大変

インプラント

歯の根っこの代わりとしてインプラント(人工歯根)を骨に埋め込むため、自分の歯と同じように噛めるようになります。ただし、しっかりとメンテナンスを続けていかないと長く使うことはできません。インプラント治療を受けた場合は、必ず定期的に検診やクリーニングを受けるようにしましょう。

インプラントのメリットとデメリット

メリット
  • 残っている歯を削る必要がない
  • 見た目が自然で目立たない
  • 自分の歯と同じような感覚で噛める
デメリット
  • 保険が適用されない
  • 口腔外科手術が必要
  • 治療期間が長い

当クリニックのインプラントの特徴

インプラント治療では口腔外科手術が必要なため、事前の検査や治療計画作成をしっかりと行い、安全に治療を進めていくことが重要になります。

当クリニックは歯科用CTを導入しているため三次元画像によって歯、骨、血管、神経などの位置を正確に把握し、インプラントを埋め込む位置や方向を決めることができます。
また、その計画通りに実際の手術を行うためにガイドを作製します。

他の治療同様に、できることをきちんと行い、患者さんにも説明をしながら納得いただける治療をすることを大切にしています。

インプラント治療の進め方

カウンセリング

まずはインプラント治療について詳しくご説明させていただき、患者さんのご質問にも丁寧にお答えします。

検査

CTなどの各種検査を行います。

治療計画の作成

検査結果を元に、どこにインプラントを埋め込むかを決めていきます。また、その計画を再現するためのガイドを作ります。

口腔外科手術

インプラントを骨に埋め込みます。

人工歯の作製

数ヶ月してインプラントが骨にくっついたら、歯として使用する部分を作り、取り付けます。

メンテナンス

きちんとメンテナンスを行わないと、インプラント周囲炎になって使用できる期間が短くなってしまいます。歯磨きやクリーニングをしっかりと続けていきましょう。

南与野のいわね歯科クリニックの基本情報

医院名 いわね歯科クリニック
住所 〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀10丁目11−38
電話番号 048-753-9045
最寄り駅 JR埼京線 南与野駅 徒歩6分
根管治療専門サイト 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
Tel:048-753-9045