予防歯科

予防の重要性について

  • 歯医者は、歯が痛くなった時にいくところ。
  • 自分は虫歯になったことがないので、これからも大丈夫だと思う。
  • 歯は死ぬまで永久に使える。
  • 歯磨きさえしていれば安心。
  • 何も症状がないのに歯医者に行っても、やることはない。

そんな思い込みをしている方がたくさんいらっしゃるようですが、実際にはそんなことはありません。歯はきちんとメンテナンスをしていなければ中高年になった時すぐにダメになってしまいますし、実際、大人は8割が歯周病になっていると言われています。毎日歯磨きをしていても、磨き残しがある方がほとんどで、さらに歯磨きだけでは取りきれない汚れもあります。定期的に美容室で髪の毛のお手入れをする感覚で、歯のお手入れも続けていくようにしましょう。

予防歯科で行うこと

検診

虫歯や歯周病は、早期治療をすれば痛み、治療回数、費用など、あらゆる面で患者さんの負担が少なくて済みます。まずは定期的に歯の状態をチェックして、何か問題があればすぐに治療を受けられるようにしましょう。

咬み合わせの確認

咬み合わせが悪いと、一部の歯に負担がかかり過ぎて抜けてしまう原因になったり、顎関節症を引き起こしたりすることになります。また、肩こりや頭痛との関係性も指摘されています。歯は一本一本の健康状態だけでなく、全体としてのバランスも非常に重要なのです。

スケーリング

頑張って歯磨きをしていても、どうしても歯石が少しずつ蓄積されていってしまいます。歯石は自宅のケアでは取り除くことができず、歯と歯の隙間で大きくなると歯周病がどんどん悪化していってしまいます。

クリーニング(PMTC)

歯の表面をきれいに磨き、着色汚れや最近の塊を取り除きます。強い着色汚れがこびりついている場合には、細かい粒子を吹き付けるエアフローを使用することになります。クリーニングを受けた後は、歯の表面がつるつるになってとても気持ちいいと評判です。

歯磨きのアドバイス

歯磨きは、しているつもりでもきちんと磨ききれていないことがほとんどです。患者さんの歯並びや磨き方の癖などに合わせて、気をつけた方が良い箇所などをアドバイスさせていただきます。また、フロスなど歯ブラシ以外のお手入れグッズについてもお気軽にご相談ください。

フッ素塗布

スケーリングやクリーニングで歯のお掃除をした後は、歯を強くする成分「フッ素」を塗ります。フッ素は再石灰化といって表面をコーティングするような作用を促す効果もあるため、歯に塗るだけで初期の虫歯や知覚過敏が治ることもあります。

予防歯科を受ける頻度は、患者さんのお口の状態によって異なりますが、どんなに少なくても半年に一度はお越しいただくのがお勧めです。後で自分が困らないよう、今からできることを始めましょう。

南与野のいわね歯科クリニックの基本情報

医院名 いわね歯科クリニック 
住所 〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀10丁目11−38
電話番号 048-753-9045
最寄り駅 JR埼京線 南与野駅 徒歩6分
根管治療専門サイト 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
Tel:048-753-9045